ソーラーパネルに追い払われる野鳥たち

オオジシギという渡り鳥がいます。例年春に全国から遥か彼方オーストラリアから渡ってきて増加をし、秋にもうオーストラリアに帰るという恐ろしい渡り鳥です。オオジシギの見た目は、鳩よりもまだまだ大きな体躯に、茶と焦げ茶のマダラ景色、細いくちばしを持った、本当に地味な見てくれをした鳥です。こういう鳥は春に北海道にやってきて、草地で増加します。
草地に降り立ってしまえば、その体の景色は上級迷彩規格を発揮して、まったく見てくれを見つける事ができません。だが、こういう鳥、飛んでいるときの叫びがまったく独特です。ズビャーク、ズビャーク、ズズズズと大きな声で鳴き、そうして急降下するところザザザザザと至極大きな羽根の風切り音を響かせます。
奴らは私の持ち家の側にある農地に何十時もの昔からやってきてその独特の叫びは、夏場の風物詩になっていたのですが、その農地も建設ショップに買われ、ソーラーパネルに埋め尽くされてしまいました。
これではオオジシギがやってきても巣創造ができないじゃないかと考えをもんでいましたが、奴らも苦労してどこかに巣を作っているようです。今年も例年通りに、大きな音を立てて空を飛んでいるのを聞いて、花盛り安堵しました。プランテルは評判いいようです

カフェインレスも悪くない

今まで、自分はカフェインに強い体質で、眠れなくなることは無いと思っていました。
なので、夜にお茶やコーヒーを避ける習慣は無く、飲みたい時に飲みたいだけ飲む生活を送っていました。

けれども最近寝つきが悪いことが増え、夫とその原因を探ってみるとやはりカフェインが原因なのではないか、という所に行き着きました。

まさかと思い、試しに夕飯の時のお茶や、食後のコーヒーをやめてみたら、すっきりと眠れることが判明しました。

妊娠中と授乳中はカフェインを摂らない生活をしていたので、体質が変わったのか、もしくは年をとったせいで変化をしたのかもしれません。

けれども、やはりお茶やコーヒーは飲みたいということで、カフェインレスの物を探すようになりました。対策を行っている4
お茶は、ルイボスティが一番好みに合いました。風味も豊かで色もキレイで、お茶欲が満たされます。

そしてコーヒーも、カフェインレスでも美味しい物がたくさん出ていてびっくりしました。
スタバでも、頼めばカフェインレスで作ってくれるので、遅い時間に行く時はカフェインレスで注文するようにしています。
もちろん普通のコーヒーの方が美味しいのは確かですが、快適な眠りにはかえられません。